2007年11月23日 (金)

【ブログ「小閑雑感」】新しい再生医療が日本から? (2)

元の記事: 新しい再生医療が日本から? (2)

谷口雅宣・生長の家副総裁のブログ「小閑雑感」の11月21日の記事で、日本の大学教授らが、生命医療の分野で画期的な研究に成功したというニュースを紹介しています。「京都大学の山中伸弥教授らの研究チームと科学技術振興機構が、生殖細胞を使わず、拒絶反応の心配もない“万能細胞”の作成に人間において初めて成功した」というものです。これは、万能細胞を受精卵から作り出すという従来の研究方向を転換させる重要なものといえます。(ハイエコポン)

| | コメント (0)