2008年6月15日 (日)

【東奥日報】人形劇の常設小屋オープン “発祥地”の兵庫・西宮

元の記事:人形劇の常設小屋オープン “発祥地”の兵庫・西宮

兵庫県西宮市は、“人形劇の発祥地”だそう。そんな同市で、地元商店街の店主らが劇団をつくり、全国でも珍しい人形劇の常設小屋を立ち上げたという話題です。小屋ができたのは、えびす様の総本社である西宮神社の近く。室町時代、人形師は各地で興行しながら“えびす信仰”を広めたそうですが、伝統文化に接する喜びがこの小屋から広がっていくといいですね。(dream)

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

【北海道新聞】「お笑い道」へ第一歩 市民喜劇「13丁目一座」 来春旗揚げへ養成講座 札幌

元の記事:「お笑い道」へ第一歩 市民喜劇「13丁目一座」 来春旗揚げへ養成講座

アマチュアの市民を団員とする市民喜劇の養成講座が始まったという話題です。“札幌流”のお笑いでまちづくりを目指すことが目標で、講師は吉本興業文芸顧問の大学教授など。参加者の中には、「笑いの力を現場に生かしたい」という福祉施設関係者も。(dream)

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

【福井新聞】“達者”な演技、笑い誘う 劇団ババーズ、福井で公演

元の記事:“達者”な演技、笑い誘う 劇団ババーズ、福井で公演

福井市のお年寄り劇団「ババーズ」の劇団員は、平均年齢73歳。19日に上演された第7回定期公演では、おじいちゃん、おばあちゃんらのコミカルな演技に客席から笑い声が絶えなかったそうです。最年長劇団員は85歳。演劇という生き甲斐や、劇団名からも伝わってくるユーモア精神が、皆さんのご長寿の秘訣なのかもしれませんね。(たんぽぽ)

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

【山陽新聞】 ハマちゃんら岡山入り 「釣りバカ日誌18」7日からロケ

元の記事: ハマちゃんら岡山入り 「釣りバカ日誌18」7日からロケ

コーヒーブレイクです。こんどは岡山県内を舞台にするという人気シリースの映画「釣りバカ日誌18」の出演者らが現地入りしたという話題です。数ある映画の主人公で、日時計主義的な人はこの「ハマちゃん」ではないでしょうか。随分昔の同作品のワンシーン。勤めている鈴木建設で仕事をしないで釣りの事ばかり考えているハマちゃんは、業を煮やした上司から「地方都市に左遷だ」と宣告されると、なんと喜ぶのです。なぜなら、「そこに行けば○○が釣れる」というのです。すると、「じゃあこっちだ」と上司。すると「あ、そこは△△が釣れる」とハマちゃん。どんな試練も、見方によっては明るく考えられることを教えられました。(ハイエコポン)

| | コメント (0)