2009年4月 7日 (火)

【京都新聞】子どもの心温まる言動101収録 栗東市教委が冊子「きらり」作成

元の記事:子どもの心温まる言動101収録 栗東市教委が冊子「きらり」作成

教育関係者や保護者、地域の大人たちが見つけた、子ども達の心温まる言動を集めた冊子の話題です。花瓶に花を摘んできた子や、大縄跳びが苦手な友達にタイミングを教えた子など、子ども達が主役の明るいエピソードばかり101件収録しているそう。(dream)

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

【富山新聞】鳴き砂、水中で鳴いた 富山・芝園中2年の山本君、5年連続「野依科学賞」 小論文に研究成果

元の記事:鳴き砂、水中で鳴いた 富山・芝園中2年の山本君、5年連続「野依科学賞」 小論文に研究成果

5年連続で国立科学博物館の科学奨励賞に選ばれた中学生の話題です。対象になった小論文のタイトルは、「鳴き砂を水中で鳴かすことは出来るか」――「鳴き砂は黙り込む事で地球の危機を訴えている」と綴るなど、文章のセンスもなかなかのようです。(dream)

| | コメント (0)

2009年1月31日 (土)

【北海道新聞】保護、共生…丁寧に解説 漂着アザラシの会、広尾・豊似小で初の授業

元の記事:保護、共生…丁寧に解説 漂着アザラシの会、広尾・豊似小で初の授業

小学校の児童を対象に、初めて「アザラシの授業」が開かれたという話題です。アザラシの種類や生態、漁業や海洋汚染についてなど、子ども達が学ぶことは多かった様子。一つのことも、掘り下げてみればいろんな方面につながっているものですね。(dream)

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

【西日本新聞】15年で300人の立ち直り支援 非行少年・少女の話 ひたすら聞いて… 県警の桑原警部補

元の記事:15年で300人の立ち直り支援 非行少年・少女の話 ひたすら聞いて… 県警の桑原警部補

不登校に悩む少年や暴走族の少女などと会い、手紙やメールで励まし続けてきた“名物警部補”の話題です。「子どもを立ち直らせるには、ひたすら聞いてあげること」――と、立ち直りを支援してきた非行少年・少女は15年間で約300人。「聞いて、理解して、認めてあげれば非行は生まれない」と語っているそうです。(dream)

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

【山陰中央新報】仮想ネットショップ開設 揖屋小(東出雲)パソコンクラブ児童

元の記事:仮想ネットショップ開設 揖屋小(東出雲)パソコンクラブ児童

小学生がインターネット上に「未来ネットショップ」を開設、動植物と話せる機械や折り畳み式の家など、あったらいいなと思う夢の商品を掲載して、外部の人の評価やアドバイスをもらったという話題です。こういった取り組みを通じて、子どものうちからネット上のマナーを身につけてほしいと思います。(dream)

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

【神戸新聞】手作りベンチの寄贈、100台を突破 西脇工高3年生ら

元の記事:手作りベンチの寄贈、100台を突破 西脇工高3年生ら

工業高校の3年生が、実習で製作したベンチを地域の学校や老人会などに寄贈し続け、7年間で100台を突破したという話題です。頑丈なベンチで地域からも好評ということですが、作る生徒の志も高そうです。(dream)

| | コメント (0)

【富山新聞】生徒が計画、町の美化作戦 高岡市福岡中 場所や機材、手順考え実行

元の記事:生徒が計画、町の美化作戦 高岡市福岡中 場所や機材、手順考え実行

中学生のグループが、初めて地区のごみの実態調査を行い、立案した清掃計画に基づいて、美化活動に取り組んだという話題です。場所や器材、手順など、すべて自分たちで決定。息の長い活動が期待できそうですね。(dream)

| | コメント (0)

2008年11月29日 (土)

【新潟日報】ほくほく線で「閉校記念号」

元の記事:ほくほく線で「閉校記念号」

来年3月に閉校する小学校の児童を乗せて、「閉校記念号」の列車が走ったという話題です。中越地震の復興支援をきっかけに同校と交流を続けてきた、群馬県の鉄道愛好会の呼び掛けで実現したとのこと。きっとさわやかな思い出が残ったことでしょう。(dream)

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

【中国新聞】新聞紙でバッグ 楽しくエコ

元の記事:新聞紙でバッグ 楽しくエコ

親子ら約30人が新聞紙を使ってバッグなどを作り、楽しみながらリサイクルの大切さを学んだという話題です。家に帰っても、物を大事にする習慣が身に付いていたら嬉しいですね。(dream)

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

【新潟日報】子どもの絵、アーケード彩る

元の記事:子どもの絵、アーケード彩る

小、中学校の児童がふるさとの名所や伝統工芸などを描いた作品展が、商店街のアーケードを会場に開かれているという話題です。芸術は心を明るくするもの――子どもの感性が地域の活性化を応援してくれそうです。(dream)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧