2009年5月20日 (水)

【Web埼玉】80年ぶり男の子誕生 成長祈るこいのぼり 東秩父・渡辺さん宅

元の記事:80年ぶり男の子誕生 成長祈るこいのぼり 東秩父・渡辺さん宅

長年、女の子ばかり授かってきた家庭に男の子が誕生。実に80年ぶりの喜び。庭には初節句のこいのぼり。家庭にはそれぞれいろんなドラマがあるものだなぁと思いました。(dream)

| | コメント (0)

2009年3月22日 (日)

【熊本日日新聞】新聞で近況伝えて17年 群馬の兄姉あて毎月“発行”

元の記事:新聞で近況伝えて17年 群馬の兄姉あて毎月“発行”

家族の近況を記した「わくわく新聞」を発行し、毎月、故郷の兄と姉に送っている62歳の女性の話題です。長女の学校での出来事や家族旅行の様子、「キツネ発見」といったニュースなど、1991年の第1号から一度も休まず17年間。まさに「貴重な家族の歴史」だと思います。(dream)

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

【SHIKOKU NEWS】お父さんにファッションショーで夏の装い提案

元の記事:お父さんにファッションショーで夏の装い提案

もうすぐ父の日ですね。香川県のデパートで、この夏の紳士服トレンドを紹介するファッションショーが開かれたという話題です。モデルは、地元企業の会社員など11人。「いつもよりかっこよく見えた」とは、その一人の奥さんの感想。

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

【新潟日報】被災のカップルに宅地を贈呈

元の記事: 被災のカップルに宅地を贈呈

良寛さんの故郷、新潟県の出雲崎町で、中越沖地震復興祈願イベントとして行う結婚式に、刈羽村在住のカップルを選び、挙式費用と町が分譲する団地の1区画(約110坪)が贈られることになったという話題です。このカップルは、今春結婚式を挙げる予定でしたが、新郎の実家が地震で半壊。結婚費用を修繕費に充てるため、式を延期していたそうです。地震を乗り越え、二人の愛に揺らぎはなかったということで、めでたし、めでたし。(ハイエコポン)

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

【東京新聞】母への手紙、バラードに 阪神大震災で死亡の大学生

元の記事: 母への手紙、バラードに 阪神大震災で死亡の大学生

阪神大震災で亡くなった大学生が入学直前に下宿を訪ねてきた母親に贈った手紙に、曲が付けられ歌になったという話題です。昨日成人式を迎えた方すべてに、一度は同世代のこの青年の手紙を読んで欲しい、と思うのです。(ハイエコポン)

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

【中日新聞】家族の笑顔を“ナイスショット” 長久手で写真展 愛知

元の記事: 家族の笑顔を“ナイスショット” 長久手で写真展 愛知

普段カメラマンになって写らないお父さんのために、セルフタイマーで家族一緒に撮影した「家族のうれしい顔」写真展が、長久手町で開かれている、という話題です。そういえば最近家族で一緒に写真を撮る事がなくなっていましたので、今度撮影してみようと思ったりします。しかし、携帯電話で家族一緒に撮るにはどうすればいいのでしょう。(ハイエコポン)

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

【いろどりひかる☆】お誕生日おめでとう

元の記事: お誕生日おめでとう.

いろどりひかるさんのご主人のお母様が、去る12月5日めでたく満100歳を迎えられた、という話題です。100年の歳月の重みが伝わってきます。写真の後ろのお祝い幕がイカしています。(ハイエコポン)

| | コメント (2)

2007年12月 8日 (土)

【YA-ecoのボーノな生活♪】新聞の集金☆20年

元の記事: 新聞の集金☆20年

生長の家本部職員で、紙芝居の作家でもあるYA-ecoさんのブログに掲載された記事です。高校生時代の3年間、新聞配達を続けたYA-ecoさんと、その新聞の集金を20年続けて表彰されたお母さんのお話です。ほのボーノと温かくなる実話です。(ハイエコポン)

| | コメント (1)

2007年11月11日 (日)

【中日新聞】 駒で封じた不登校 掛川の中3清水君 将棋と出合い自信 奨励会に合格

元の記事: 駒で封じた不登校 掛川の中3清水君 将棋と出合い自信 奨励会に合格

不登校だった小学生が、将棋に関心をもったことがきっかけとなって、学校に通うようになり、中学3年で、プロ棋士への関門である日本将棋連盟関東奨励会の試験に合格したという話題です。親があせらず子供の様子をよく観察していたことが、よかったようです。「不登校」、関係有りません、「浪人」大丈夫です。人生にはいろいろな道があり、それぞれ、よい味がでるようになっているものです。(ハイエコポン)

| | コメント (0)

2007年11月 1日 (木)

【信濃毎日新聞】「16人で1200歳」きょうだい会 佐久の荻原さんら開く

元の記事: 「16人で1200歳」きょうだい会 佐久の荻原さんら開く

 昔はきょうだいが多かったですね。佐久市のきょうだい8人が配偶者と合わせて16人の年齢の合計が1200歳になるというので記念のきょうだい会を開いたという話題です。1200歳、これを縦の時間にさかのぼると西暦807年までいきます。ちなみに調べてみると大同2年のこの年、なぜか日本国中に多くのお寺が建てられているようです。いのちの縦のつながり、よこのつながり、共に大切にしたいものです。(ハイエコポン)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧