2009年6月 6日 (土)

【神奈川新聞】プールの生き物”救出”/川崎・久地小

元の記事:プールの生き物”救出”/川崎・久地小

ヤゴやゲンゴロウなど小学校のプールに住んでいた生き物たちが、夏のプール開きを前に“救出”されビオトープに移されたという話題です。何だかほっとしますね。(dream)

| | コメント (1)

2009年4月18日 (土)

【西日本新聞】国境越え「姉妹木」23日締結へ 縄文杉とNZの巨木

元の記事:国境越え「姉妹木」23日締結へ 縄文杉とNZの巨木

ニュージーランドの古木と屋久島の縄文杉が「姉妹木」の関係を結ぶという話題。環境保護などのシンボルとするため、ニュージーランド政府が始めた「古代木ファミリープロジェクト」の第1弾だそうです。(dream)

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

【富山新聞】鳴き砂、水中で鳴いた 富山・芝園中2年の山本君、5年連続「野依科学賞」 小論文に研究成果

元の記事:鳴き砂、水中で鳴いた 富山・芝園中2年の山本君、5年連続「野依科学賞」 小論文に研究成果

5年連続で国立科学博物館の科学奨励賞に選ばれた中学生の話題です。対象になった小論文のタイトルは、「鳴き砂を水中で鳴かすことは出来るか」――「鳴き砂は黙り込む事で地球の危機を訴えている」と綴るなど、文章のセンスもなかなかのようです。(dream)

| | コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

【読売新聞】両生類の新種、大量発見…南米コロンビアに「ノアの箱船」

元の記事:両生類の新種、大量発見…南米コロンビアに「ノアの箱船」

南米コロンビアで、体が透き通ったガラスガエルなど、新種のカエル9種類とサンショウウオ1種類が発見されたという話題です。世界にはまだまだ未知なる自然が残っているようです。(dream)

| | コメント (0)

2009年1月31日 (土)

【北海道新聞】保護、共生…丁寧に解説 漂着アザラシの会、広尾・豊似小で初の授業

元の記事:保護、共生…丁寧に解説 漂着アザラシの会、広尾・豊似小で初の授業

小学校の児童を対象に、初めて「アザラシの授業」が開かれたという話題です。アザラシの種類や生態、漁業や海洋汚染についてなど、子ども達が学ぶことは多かった様子。一つのことも、掘り下げてみればいろんな方面につながっているものですね。(dream)

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

【福島民報】カーシェアリング都市部で急拡大 マイカー離れの加速で

元の記事:カーシェアリング都市部で急拡大 マイカー離れの加速で

自分で車を所有せず、会員制で必要なときだけ共同利用する「カーシェアリング」が急拡大しているという話題です。「持つ」から「分かち合う」へ――価値観が変わりつつあるようです。(dream)

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

【読売新聞】カキ殻しっくいで空気清浄…海の廃棄物、有効利用へ

元の記事:カキ殻しっくいで空気清浄…海の廃棄物、有効利用へ

カキ殻、ウニ殻、そして早採りワカメ――これまで不要として廃棄されてきた海産物の有効利用が進められているという話題です。このような研究が今さまざまな業界でなされているようですが、取り組みが進めばこの世から“ごみ”が無くなる日が来るかもしれませんね。(dream)

| | コメント (0)

【西日本新聞】不用のエコバッグ活用 回収し貸し出しへ 住民とスーパー協力 西区

元の記事:不用のエコバッグ活用 回収し貸し出しへ 住民とスーパー協力 西区

エコバッグの携帯を習慣にしている方も多いでしょうが、これは家庭で余ったエコバッグを回収し、買い物袋を持参し忘れたお客さんに貸し出そうという取り組みの話題です。なかなか良い観点ではないでしょうか?(dream)

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

【産経ニュース】Xマスは「日本まねよう」 英、風呂敷で脱包装紙運動

元の記事:Xマスは「日本まねよう」 英、風呂敷で脱包装紙運動

イギリスで、クリスマス・プレゼントを風呂敷で包むキャンペーンが行われているという話題です。リサイクルできずに捨てられる毎年1万トンもの包装紙を節約するため、「楽しくて創造的。包みをほどいたら、捨てるものは何もない」と“日本の伝統”=風呂敷に注目。本やワインボトルを包む方法を動画で紹介しているとのこと。今年のサンタクロースは風呂敷持参?(dream)

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

【西日本新聞】エコ、福祉活動でポイント券 規格外野菜と交換 市民団体 「農業に理解深めて」 久留米市で14日

元の記事:エコ、福祉活動でポイント券 規格外野菜と交換 市民団体 「農業に理解深めて」 久留米市で14日

エコ活動に参加してポイントをためると、形が悪いため市場では売れない規格外野菜と交換できる、「もったいない農産物まつり」が開催されるという話題です。古新聞1キロ=50ポイント、マイはし作り体験=150ポイントなどのほか、車いす体験=50ポイントなど福祉活動でもポイント券がもらえるとのこと。そのままでは捨てられてしまう野菜を生かし、社会活動にも参画してもらう――とても面白い取り組みだと思いました。(dream)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧