2009年1月26日 (月)

【静岡新聞】自作楽器で生きる喜び 難病と闘う浜松の西沢さん

元の記事:自作楽器で生きる喜び 難病と闘う浜松の西沢さん

手足の自由が奪われるという難病の宣告を受けてから、自作の楽器で我流の演奏をするようになった男性の話題です。“音楽の力”か、「生きられても50歳」のはずが現在63歳。1年ほど前から福祉施設で出張公演も始め、「どうせ1度の人生。笑わなきゃ損でしょ」と、“生きる喜び”を伝えているとのことです。(dream)

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

【デーリー東北】ホースセラピーの体験談を披露/横浜

元の記事:ホースセラピーの体験談を披露/横浜

中学校校長を退職して牧場を経営している男性が、60歳以上を対象とした「実年教室」で、夢や目標を持って生きることの大切さを講演したという話題です。男性は馬とのふれあい体験を通じて子供や障害者らに命の大切さを伝えており、「馬を飼うのはすごく大変だけど、好きだから楽しくてしょうがない」――好きな道こそ人のためにも尽くせる道なのかもしれませんね。(dream)

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

【中日新聞】『新ラジオ体操』で元気に 金大院生清水さん 湯涌の児童に指導

元の記事:『新ラジオ体操』で元気に 金大院生清水さん 湯涌の児童に指導

運動の解析と工学への応用を研究している大学院生が、子どもが飽きずに楽しめるようにアレンジした「新ラジオ体操」を小学生に指導しているという話題。「人生でいちばん難しいラジオ体操」という子どものコメントには笑ってしまいました。(dream)

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

【房日新聞】わらべうたの会 養成講座に女性ら43人 館山図書館 サークル立ち上げ活動へ

元の記事:わらべうたの会 養成講座に女性ら43人 館山図書館 サークル立ち上げ活動へ

ずいずいずっころばし、かごめかごめ……小さな子供が遊びながら歌う、「わらべうた」。日本は世界で一番その数が多いのだそうです。千葉県の図書館で、わらべうたボランティアのメンバーを養成する講座が開かれたという話題。わらべうたは幼児が自立心や社会性、協調性などを養うのに良いそうですが、大人になって本当に懐かしく思い出されるのはこういった素朴な遊びなのではないでしょうか?(dream)

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

【北海道新聞】下半身不随の ピアニスト再起 旭川の山崎さん 息吹き込む装置付け

元の記事:下半身不随の ピアニスト再起 旭川の山崎さん 息吹き込む装置付け

膠原病で車いす生活を続けているピアニストの女性のために、地元の鉄工所が無償で補助装置を開発。息を吹き込むことでペダルを制御するシステムを、3年かけて完成させたという話題です。周囲の人の善意に支えられた女性の演奏は、多くの聴衆を感動させることでしょう。(dream)

| | コメント (0)

2008年6月21日 (土)

【東京新聞】捨て犬を聴導犬に育成 自立目指す若者と寝食共に

元の記事:捨て犬を聴導犬に育成 自立目指す若者と寝食共に

盲導犬は身近でもよく見かけることがありますが、聴覚障害者の「耳」となる聴導犬は、国内にわずか10数匹――そこで、捨て犬を聴導犬に育てる「学校」が、横浜市に開校したという話題です。犬の訓練を担当するのは、ニートや引きこもりから社会復帰を目指す若者たちだそうです。(dream)

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

【神戸新聞】笑いで病気を吹っ飛ばせ! 日本笑い学会、淡路に支部

元の記事:笑いで病気を吹っ飛ばせ! 日本笑い学会、淡路に支部

「日本笑い学会」は、“笑い”に強い興味を持つ人なら誰でも入会できる“市民参加型”の学会。このニュースは、その全国18番目の支部となる「花の淡路島支部」誕生の話題です。支部長は、みずから大道芸人として活動しながら、“笑い”で介護予防を目指しているという異色の大学教授。「癒やしとしての笑い」をテーマに研究会を開きながら、「みんなで一緒に笑える場をつくりたい」と意気込んでいるそうです。(dream)

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

【Web埼玉】今も開設、多くの人励ます 支え合う匿名ネットワーク がんで他界女性のブログ「シャララ」 さいたま

元の記事:今も開設、多くの人励ます 支え合う匿名ネットワーク がんで他界女性のブログ「シャララ」 さいたま

膵臓がんのため、夫と2児を遺して亡くなった女性のブログが、今も夫の手で続けられ、訪れる人々を力づけているという話題です。その日の出来事や、夫、子供への気持ちなどを明るい言葉で書きつづった文章に、女性の前向きな人柄が偲ばれます。(dream)

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

【琉球新報】難聴、家族で乗り越え 「生きる勇気」訴える

元の記事:難聴、家族で乗り越え 「生きる勇気」訴える

家族の愛に支えられて、難聴のハンディを乗り越えて高校進学を果たしたという女子生徒の話題です。「何でわたしをこんな体で産んだの?」という女子生徒の問いに対して母親は、「神様は、乗り越えられない試練を人には与えないというからあなたならきっと大丈夫」と励ましたといいますから、感動です。何か信仰をなされている方なのでしょうか。家族のありがたさに改めて気付かされますね。(よろこび発信基地)

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

【神奈川新聞】左半身まひから復帰戦で準優勝/大和署の森川巡査長

元の記事:左半身まひから復帰戦で準優勝/大和署の森川巡査長

神奈川県内の26歳の警察官が、左半身まひから復帰し、警察署対抗剣道大会の団体戦に出場。その結果、準優勝に輝いたという話題です。剣道4段でインターハイ出場経験もある実力者が、昨年2月、突如車いす生活に。彼が受けた精神的・肉体的苦痛は並大抵のものではなかったでしょう。それでもリハビリなどに励み、再び竹刀を握るまでに回復したその努力と前向きな姿勢に拍手を送りたいと思います。(たんぽぽ)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧