2008年5月16日 (金)

【日本海新聞】入れ歯1つで毛布8枚分 琴浦町社協がリサイクル活動

元の記事:入れ歯1つで毛布8枚分 琴浦町社協がリサイクル活動

不要な入れ歯のリサイクル運動が全国的な広がりを見せるなか、鳥取県内の社会福祉協議会でも同リサイクル運動がスタートするそうです。この取り組みは、入れ歯に含まれる金やパラジウムなど希少金属をリサイクルし、その収益で発展途上国の子どもたちを援助するという仕組み。入れ歯1つはマラリア予防接種用の注射針なら250人分に相当するとのこと。約3割がゴミとして廃棄されている入れ歯。捨てずにリサイクルするだけで子どもたちの未来が明るいものになるならば、こんなに素晴らしいことはありませんね。(たんぽぽ)

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

【山陰中央新報】雲南にホースセラピー牧場オープン

元の記事:雲南にホースセラピー牧場オープン

26日、島根県雲南市に「ホースセラピー」を取り入れた牧場がオープン。不登校や発達障害などの子どもたちの支援活動を行うとのことです。また同牧場は、がんを患っている元養鶏業の男性が、「残りの人生で恩返しをしたい」との思いから提供した鶏舎跡地に作られたそう。ホースセラピーは、乗馬や馬の世話などを通じて、悩みを抱えた子どもたちの心的健康を改善させる療法の一種。馬との触れ合いによって、子どもたちの笑顔がより一層明るいものになるといいですね。(たんぽぽ)

| | コメント (0)