2009年10月25日 (日)

Web版『幸福への出発』がリニューアルしました!

Web版『幸福への出発』がリニューアルしました。

URLも下記のとおり変わりました。

http://onair.jp.seicho-no-ie.org/

| | コメント (1)

2009年10月第4週「地球と日本の未来のために小さなことから始めよう」

ダウンロード

大橋岳彦 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では「汝ら天地一切のものと和解せよ。天地一切のものとの和解が成立するとき、天地一切のものは汝の味方である」と教えられています。私たちが、それぞれの環境において、すべての人や事や物に感謝し、自他一体の生活を送ることによって、大調和の世界が実現していくのです。今週は、大橋講師が「地球と日本の未来のために小さなことから始めよう」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『足元から平和を』

『足元から平和を』

谷口雅宣

★テキストはこちらからご購入いただけます

 

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

2009年10月第3週「よりよき人生は先祖と親への感謝から」

ダウンロード

大橋岳彦 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では「大地は神様、根は先祖、幹は両親、子孫は枝葉、枝葉に花咲き、よき果(み)を結ぶは親に孝養、先祖に供養」と教えられています。私たちの人生が今あるのは、父母、さらにはご先祖様があればこそですから、現在の家族に感謝するだけでなく、父母や祖父母への感謝、ご先祖様への供養と感謝によって、自ずと幸福な人生が開かれてくるのです。今週は、大橋講師が「よりよき人生は先祖と親への感謝から」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『輝く未来が待っている』

『輝く未来が待っている』

谷口清超

★テキストはこちらからご購入いただけます

 

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

2009年10月第2週「明るい家庭を作るには」

ダウンロード

大橋岳彦 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では、「ほめる」ということは本来、優れているとか、善や悪などの判断を超えた、その向こうの相手の“いのち”そのものを褒め称えることだと教えられています。目的のための手段として「ほめている」時は、そのコトバに心がこもっていないことが多く、その心が相手に伝わるため例え「ほめた」としても、その反応は必ずしもよく現れて来ないのです。今週は、子育てを通し家族とのコミュニケーションについて、日々学び実践されている大橋講師が「明るい家庭を作るには」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『神の国はどこにあるか』

『神の国はどこにあるか』

谷口清超

★テキストはこちらからご購入いただけます

 

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

2009年10月第1週「神の子無限力を生きる」

ダウンロード

大橋岳彦 本部講師

2009年10月の講師は、大橋岳彦 本部講師(50 生長の家本部 布教企画部 講習会企画室室長)です。
【講師プロフィール】岐阜県出身。信仰は共に地方講師だった父母から受け継いだ。講習会にまつわる舞台裏を支えて13年目になるベテランだが、「毎回、少しづつ変化があるので、いつも新人のつもりで」と話す。家では、社会人から小学4年まで2男3女の父親。子育ての秘訣を尋ねると「干渉はせず、必要があらば相談にのる」“付かず離れず派”だとか。が、休日にはディズニーシーや映画館などに子供を個別に連れて行くマメぶり。放送では、そんな大橋家の様子も交え、“家族”をテーマに4週の話が進む。

【今週のテキスト】

『新版 幸福生活論』

『新版 幸福生活論』

谷口雅春 著

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

2009年9月第4週「未来世代の幸福のために」

ダウンロード

渡邊 隆 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では「日時計主義」という物事の明るい面を積極的に認め、それを心に深く印象し、また表現するという生き方を提唱しています。この「日時計主義の生き方」は家庭や社会を明るくするのはもとより、地球環境問題などの喫緊の問題を解決へと導く鍵を握っています。今週は、渡邊講師が「未来世代の幸福のために」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『日時計主義とは何か?』

『日時計主義とは何か?』

谷口雅宣

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年9月20日 (日)

2009年9月第3週「無限供給の鍵」

ダウンロード

渡邊 隆 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では繁栄の法則として「与えよ、さらば与えられん」と教えられています。吾々が他に与えるといっても、決して自分のものではなく、すべては神の創られたものであります。神は神の創られたすべてのものに対して、豊かなる供給が循環していくために必要な具合に与えられているのでありますから、次へ次へと廻すに従って、又その次が与えられるのです。今週は、渡邊講師が「無限供給の鍵」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『新版 生活と人間の再建』

『新版 生活と人間の再建』

谷口雅春

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

2009年9月第2週「自分が変われば世界が変わる」

ダウンロード

渡邊 隆 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では、神は親であり、私たち「神の子」にその持ち給える全ての能力と冨を既に惜しみなく与えておられると教えられています。神の万徳の継承者である私たち「神の子」は、その本来の素晴らしさに気付き、内に在る無限の可能性を益々表現していくことによって、さらに一層幸福な毎日となるのです。今週は、渡邊講師が「自分が変われば世界が変わる」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『新版 光明法語【道の巻】』

『新版 光明法語【道の巻】』

谷口雅春

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (1)

2009年9月 6日 (日)

2009年9月第1週「今すぐ幸福になれる」

ダウンロード

渡邊 隆 本部講師

2009年9月の講師は、渡邊 隆 本部講師(49 生長の家本部 組織運動部 相愛会事務課課長)です。
【講師プロフィール】福岡県出身。「人間とは何か」の解を求め、哲学書を漁る“硬派少年”だったが、その答えは高校1年の時、父親の書棚の中の『生命の實相』で見つけた。美点捜しの名人で、10年前から、谷口清超先生の「美点を見つける“特捜班”」の提唱に感じ入り、自宅での夕食時に夫人と3男1女で美点を発表し合うことを実践中。『日時計日記』に加えて、大学ノートに部下や教区連合会長などの美点も書き込む。「奥様の美点は?」の問いにも、「愛嬌がある」と即答。美点探しの日時計主義が板に付いているようだ。

【今週のテキスト】

『創造的人生のために』

『創造的人生のために』

谷口清超

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

2009年8月第5週「真理を生活に生かそう」

ダウンロード

辻田昌司 本部講師

【今日の聴きどころ】環境問題を根本的に解決するためには、まず私たち一人ひとりが「すべてが神の下に一体」であると知り、「自他一体の愛を実践する」ことがとても重要になります。気が付いた一人からでも、出来ることを始めてみましょう。その「善」なる行いの積み重ねによって、明るい未来が開けてくるはずです。今週は、辻田講師が「真理を生活に生かそう」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『日時計主義とは何か?』

『日時計主義とは何か?』

谷口雅宣

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

2009年8月第4週「世界平和はあなたの心から」

ダウンロード

辻田昌司 本部講師

【今日の聴きどころ】私たち一人ひとりが、「人間・神の子」として自分の素晴らしさを認め礼拝し、その素晴らしさを表現するとともに、同じように他の人々、もっと進んで天地一切のものの素晴らしさを認め礼拝していく所に世界平和実現の鍵があるようです。今週は、辻田講師が「世界平和はあなたの心から」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『神性を引き出すために』

『神性を引き出すために』

谷口清超

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

2009年8月第3週「コトバが人生をつくる」

ダウンロード

辻田昌司 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では、「人間は神の子であり、内に無限の可能性を包有している」と教えられています。その無限の可能性を引き出すためには、コトバの創化力を使うのです。コトバとは「身(表情)・口(発生音)・意(思念)」の三業と言われ、それが私たちの人生をつくると教えられています。コトバには、あらゆるものを動かす力があり、人生に大きな影響を与える力があります。今週は、辻田講師が「コトバが人生をつくる」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『自由自在を得るために』

『自由自在を得るために』

谷口清超

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

2009年8月第2週「あなたのすばらしさをあらわそう」

ダウンロード

辻田昌司 本部講師

前回の放送では、「人間は神の子であり、絶対善なる素晴らしい存在である」という生長の家の人間観について話をさせていただき、その素晴らしさを表現するには、自分の中にある素晴らしさに気づき、自分のよいところを見つけて伸ばすことが、無限の可能性を発揮する近道になることなどについて話をさせていただきました。今回は、それを具体的に表現していくにはどうすればいいのかについてお話しいたします。

【今週のテキスト】

『神の国はどこにあるか』

『神の国はどこにあるか』

谷口清超 著

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

2009年8月第1週「人には無限の可能性がある。」

ダウンロード

辻田昌司 本部講師

2009年8月の講師は、辻田 昌司本部講師(50 生長の家本部 教化・講師部 講師課課長)です。
【講師プロフィール】和歌山市出身。熱心な信徒で進学塾を開いていた、父・立穂さん(故人)の授業ぶりを見聞きして育ち、教育者に憧れた。念願が叶い、昭和61年から8年間、市内の中学、高校で教壇に立った。問題児の多かった高校時代、自宅謹慎となった生徒たちの家庭を訪問しては声をかけ続けるなど、親身の指導で心を通わせたという。今では本部講師としての演壇に立つが、心懸けているのは、「自分が感動しながら話すこと」という。趣味は家族のための菓子作り。自信作は“シフォンケーキ”だ。

【今週のテキスト】

『神の国はどこにあるか』

『神の国はどこにあるか』

谷口清超 著

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

2009年7月第4週「当たり前に感謝する」

ダウンロード

小林光子 本部講師

【今日の聴きどころ】日常の「当たり前」と思われる事物の中に喜びを見出し、感謝し、その感謝の心を具体的に表現してみると、いかに自分の日常が沢山の恵みに満たされているかということに気がつきます。既に与えられている神の愛に感謝する生活は、幸福な人生の始まりとなるはずです。今週は小林講師が「当たり前に感謝する」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『小さな奇跡』 『小さな奇跡』

谷口純子 著

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

2009年7月第3週「いのちを尊ぶ」

ダウンロード

小林光子 本部講師

【今日の聴きどころ】ES細胞等の研究が進められる現代、私たちは生命倫理などの深い問題を正しく把握することがとても大切になっています。他から奪わず、欲望に振り回されない、そのような生き方が出来るよう、もう一度、自らの心を見直してみる必要があります。人間は神の子であり、自他一体の尊い生命で生かされています。私たちは、素晴らしい神の子の本性を表現し、他に与え、既に神の愛に満たされている今に感謝して生活することが大切なのです。今週は小林講師が「いのちを尊ぶ」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『小閑雑感 Part 12』 『小閑雑感 Part 12』

谷口雅宣 著

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

2009年7月第2週「父母への感謝」

ダウンロード

小林光子 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では「神に感謝しても父母に感謝し得ない者は神の心にかなわぬ。」と教えられています。何よりも先ず、父母への感謝が大切なのです。親が子にハッキリと愛情を表現することも大切ですし、子もその愛情を誤解なく、心の底から感謝して受けることが大切です。そうなることで、本当に心から人生が素晴らしいと分かり、全ての人々の愛情も心から受け入れることが出来るようになるのです。今週は小林講師が「父母への感謝」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『人生の扉を開く《第4集》』

『人生の扉を開く《第4集》』

谷口清超 監修

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

2009年7月第1週「人間は神の子である」

ダウンロード

小林光子 本部講師

2009年7月の講師は、小林光子本部講師(43 生長の家本部 教化・講師部 講師課課長補佐)です。
【講師プロフィール】長岡市出身。高校時代、母親の影響で『生命の實相』を読み、「世界中の人が幸せになれる」と感動。すぐに地方講師の手ほどきを受けて神想観を実修するように。大学の数学科を卒業後、大手電機メーカーで工場用LANの設計に携わるなど理系コースを歩んだが、青年会では花のつどいのリーダーを務めるなど愛行コースにも勤しんだ末、平成10年に本部に奉職。神想観歴25年、今は「神様に取り巻かれている」と実感しているという。そんな心境がラジオ放送から伝わってくるはず。

【今週のテキスト】

『日々の祈り』

『日々の祈り 神・自然・人間の大調和を祈る』

谷口雅宣

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年6月28日 (日)

2009年6月第4週「自然と共に生きる」

ダウンロード

中村龍雄 本部講師

【今日の聴きどころ】環境問題解決のためには、私たちが神のもとに皆一体の生命、「すべては一体」であるという自覚をさらに深め、そして他の生物も地球の鉱物資源もすべて含めて、神の子・仏として尊敬し、それに感謝して拝んで使わせていただくという宗教心で生活することがとても大切です。今週は、中村講師が「自然と共に生きる」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『今こそ自然から学ぼう』

『今こそ自然から学ぼう 人間至上主義を超えて』

谷口雅宣 著

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

2009年6月21日 (日)

2009年6月第3週「感謝の生活」

ダウンロード

中村龍雄 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では「大地は神様、根は先祖、幹は両親、子孫は枝葉、枝葉に花咲きよき果を結ぶは親に孝養、先祖に供養」と言います。私たちが幸福な生活を送るためには、常に父母への感謝、祖先への感謝の心を持ち、いつも朗らかな笑顔で明るく表現していくことが大切です。今週は、中村講師が「感謝の生活」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『コトバが人生をつくる』

『コトバが人生をつくる』

谷口清超 著

★テキストはこちらからご購入いただけます

| | コメント (0)

«2009年6月第2週「心と運命」